2012年10月09日

新型うつ病というけれど・・・。

久々にうつ病の治療などの情報を探していましたが、新型うつ病なる記事を見てみました。20代から30代までの若い方がかかるもので、仕事のときだけにうつの症状が出るとのこと。
ある精神科医は「今の2,30代は完全に怠け病。ゆとり世代が故の病気」と本当にそうなのでしょうか。
うつ病とはそもそも人間関係が大きくかかわってきており、私は認めたくはありませんが「新型うつ病」とは、従来のうつ病の軽微なものと私は思います。
私も最初は仕事のときだけでしたが、それが日常生活が満足に送ることができなくなったからです。

簡単に言いますと新型うつ病とは、うつ病の初期段階だと私は思います。
なぜなら、20代30代はゆとり世代ではありますが、自分の意思ははっきりしている世代なので、自分の健康管理などはしっかりとできる年代だからです。

新型うつ病となずける精神科医の見解に疑問を感じずにはなりません。
うつ病も軽微のうちに治すことが一番早い社会復帰につながるのではないでしょうか。
posted by あつし at 16:03 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。